家庭洗濯でどうやっても落ちなかったそうです。

トレーナー

上の写真のトレーナーをお持ちいただきました。
胸と袖口付近に同じようなシミがあります。

これを何度も何度も家庭で洗濯されたそうです。
全然シミが取れないので、当店にご相談いただきました。

地色がいくぶん薄くなるかもしれないという了解だけいただき、作業に入りました。
薬剤を塗っては放置、塗っては放置を繰り返し、時間をかけてシミを分解していきました。

トレーナー

やっと、キレイに分解できました。
包装前に写真をと思っていたのに、ついつい忘れて包装してしまいました。

かなり古いシミだったようで、けっこうお時間をいただきました。
やはり早めにご相談いただくのが、何よりだと思う一品でした。

百合の花粉だそうです。

百合の花粉

カシミヤのストールに百合の花粉が付いてしまったとのご相談です。
今回の相談品の特に優れている点は、お客様が何もされていないということです。

何もされていないので、付着した百合の花粉はストールの表面に付いているだけで、繊維の内部にまでは入っていないのです。

ドライクリーニング後

ですから、ドライクリーニングしただけで、簡単に除去できました。
これが、濡れタオルでこすったり叩いたりとされていたら、花粉の色素が繊維の内部に入り、ドライクリーニング後に、色素を取るために余分な処理をしなくてはならないのです。

大切な一着を汚してしまったら、なるべく何もせずにプロに任せる!これが近道な場合が多いのです。

夏の色物のエリの汚れです。

エリの汚れた夏物

前回、こちらのブログにアップしたのは、エリが白い夏物でした。
今回は、エリが色物の場合です。
写真でも分かるように、エリが脱色して黄ばんでいます。

白いエリなら、黄ばんだ部分を漂白してやればOKでした。
色物のエリだと、漂白だけでは目立たなくできません。
黄ばみを除去し、更にエリの色に合わせてやらなくてはなりません。

処理後のエリ

色物のエリの場合は、黄ばみと脱色がセットになっているので、このような処理が必要となるのです。


白いエリも色物のエリも、早い処理が何より重要です。
今シーズンの汚れは今シーズンに処理しておけば、来シーズンも気持ちよく袖を通せます。

夏物によくあるエリの黄ばみです。

エリの黄ばんだシャツ

夏物あるあるです。
夏の間はご家庭で洗濯されていたのだと思います。
エリの黄ばみが落としきれておりません。

これが、全体がエリと同じ白色であれば、Yシャツなどと同じように温度をかけて、漂白剤を投入して洗ってやれば、きれいさっぱりすることでしょう。
しかし、この商品のメインの部分は青色です。

このような場合には、エリだけをキレイにする処理をし、全体は普通に水洗いしてやります。

エリだけ特殊洗い

ひと手間かけてやることで、全体を処理するだけ以上のキレイさを実現できます。
白いエリがポイントの品物ですから、やはりエリは白くなくてはいけません。

夏物のパンツをキレイにしました。

夏物のパンツ

夏物のパンツの仕舞洗いです。
写真で見てわかるように、全体的に薄汚れています。
家庭洗濯の繰り返しでは、どうしても落ちない汚れが蓄積していってしまうのです。

素材は綿とポリウレタンの混紡で、地色は薄いタイプのパンツですので、当店一押しの漂白洗いを行いました。

漂白洗い後のパンツ

きちんと洗い、きちんと仕上げてやると、写真のように見違えるような状態となります。

このように、今年の汚れをキチンと落としておくと、来シーズン、気持ちよく履いていただくことでできます。
是非、当店の漂白洗いを実感ください。

夏物の漂白洗いです。

黄ばんだ夏物

一気に空気が入れ替わった感じで、季節が加速度的に変化しました。
急遽、夏物から秋冬物へという感じです。
上の写真も、まさに夏物です。

ところどころ酷く黄ばんでいるのですが、どうも汗シミが残留して変色したのとは違うようです。
何かは不明ですが、白の綿ブラウスですので、漂白洗いで、シミも除去、そして全体の白さもアップとまいります。

キレイになった綿ブラウス

来シーズン(初夏)に汚れに気付いてキレイにするより、今ある汚れやシミは今処理しておくほうが、洋服にもお財布にも優しいということになると思います。
家庭洗濯の繰り返しで、思ったよりも汚れやシミが残留し、地色がくすんでいるものです。

ぜひ一度、当店の漂白洗いをお試しください。
汚れ落ちと色の冴えに喜んでいただけることと、確信しております。

「こだわり」で仕上げていきます。

自然乾燥が終了しました。
今の時季であれば一昼夜あれば十分乾燥しますが、冬場とか梅雨時とか乾きの悪い時には2~3日置いておくこともあります。


自然乾燥した写真と、それをそのままトルソーに着せた写真を上にアップしました。
左側(ボタンホールの側)の身頃が特に顕著ですが、反り返ってしまってます。
芯地や生地が元の状態に戻ろうとしているのです。

これを、まずは裏側からしっかり仕上げていきます。
今回のブレザーは芯地も薄く、肩パッド等も小さいので、それほど大変ではありませんが、少し前の仕立ての背広だと、しっかりした芯地に厚手の肩パッドが入っており、それはそれは裏側からかなりの時間をかけて仕上げなくてはなりません。

裏側からの仕上げをした状態

裏側から仕上げただけでも、かなりシルエットが出たのがわかるでしょうか?
身返し、細腹、背中、肩、袖山など、全ての部分を裏から仕上げています。

続いて、表からの仕上げです。
これはこれで時間がかかりますので、また少しまとまった時間ができてからといたします。

こだわりコースの処理詳細です。

お預かりしたブレザー

そろそろ夏物も終了ということで、上のような背抜きのブレザーをお預かりしました。
着用を経て、形もかなり崩れていますし、汗もかかれているでしょうから、「こだわりコース」で水洗いを行い、しっかり仕上げたいと思います。

しつけた状態のブレザー

クリーニングの処理に入る前に、ポケットの中を確認しつつ、シミや汚れがないか、また生地の傷みとかほつれとかないかもチェックしつつ、しつけ糸でしつけていきます。

これだけで結構時間を必要とします。
しつけが終了したら、各部のサイズを測っておきます。

そしていよいよ洗いに入っていきます。
ドライクリーニング&水洗いを行い、成形しつつ自然乾燥を行います。

自然乾燥中のブレザー

重りやスリーブ成形具を装着したこの状態で乾燥するまで、しばし放置です。
ここまでで、お預かり~チェック~しつけ~洗いの工程が終了したことになります。

乾燥ができたら、ボチボチアイロンで仕上げてゆくことになります。
それにつきましては、随時こちらにアップしてゆきます。

夏のキャップの汚れです。

夏のキャップ

今年の夏に愛用されたキャップです。
ツバの付け根の辺りが少々黄ばんでいます。
しかし、ひと夏愛用されたのであれば、これは極軽症といえます。

ひどい場合には、付け根辺りがもっと黄色く、更にツバの黒色が変色なんてキャップがたくさんあります。

この夏のキャップの黄ばんだ部分を漂白洗いしてやります。

漂白洗い後のキャップ

白い部分はより白く、黒い部分はより黒く処理しました。

これで来シーズンもご愛用頂けます。