セーターの穴のリペアです。

福山で、簡単なリペアであれば、自店で処理しております。

セーターの穴

写真はセーターの背中側のもので、引っかけによる穴だと思われます。
このセーターは畝がありますから、リペア(穴をふさぐ)すると、その畝がねじれるので、どうしても目立ったしまいます。

しかし、このような穴を放置したままでは、クリーニングもままなりませんし、着用では、より引っかかりやすくなり、穴が大きくなってしまう恐れ大です。
ということで、少々リペア跡が目立つとしても、リペアすることを強くお勧めします。

リペアした穴

なるべく目立たないようにとリペアしましたが、やはり畝が曲がり、少々目立ちます。
しかし、これで安心してクリーニングも着用していただけます。

もちろんもっと目立たなくというお客様に対しては、専門のかけつぎ業者の方にお願いする方法もございます。
納期も料金もかなり必要とはなりますが、あなたのご要望をお聞かせ願えれば、ご希望に沿った提案をさせていただけると思います。

ニットの穴を簡単リペア。

福山で衣類のリペアも行っております、クリーニングのキングです。

ニットの穴

カシミヤセーターの肩の縫い代部分がほつれたのか?穴が開いたのか?
不明ですが、とにかくリペアが必要です。

この手のニット(畝のないタイプ)は、穴を上手くかがってやると、ほとんど目立たなくできます。
また部位的にも、縫い代部分なので、なおさら目立たなく出来ると思います。

リペア後

ほとんど目立たなく出来ました。
お客様にも、もうどこだったか?正確には覚えておられないでしょうから、分からないと思います。
第三者には、当然のこと、全く分からないレベルです。

もちろん穴の大きさ、数、場所、編み方等々によって、分からなくなる場合もあれば、結構目立つ場合もあります。
しかしニットの穴は放置しておくと広がって行きます。
小さなうちにリペアするのが、ニットにも、お財布にも優しいということになります。