家庭洗濯での色移りです。

色移りしたキュロットパンツ

お母さんからの相談品です。
家庭で洗濯したところ、何かから赤い色が移ってしまったそうです。
ユニクロ製なので、あまりお金をかけたくはないが、娘のお気に入りなので、キレイになるのならということです。

このように全体的に色が移ってしまった場合、この品物に対してだけ、色を取るための処理をしなくてはなりません。
つまり、どうしても割高な処理になるのは致し方ないのです。

ただし、当店では、うまく行かなかった処理に対しては料金をいただいておりません。

色取りをしたキュロットパンツ

安くあげてみようと思い、簡単な方法を試してみましたが、どうも今回は有効ではありませんでした。
結局、いつも行う方法で、この一枚だけを特殊な液に漬けて色を取りました。

これで喜んでいただけるのではないでしょうか?

強烈な折シワは完全には取れません。

折シワ

ダーツの向かって左側に凹んだ形のシワがあります。
これは、仕上がったばかりの洋服なのですが、このシワは、反として折って保管されていた時の跡だと思います。

学生のスラックスや折スカートの丈を出したときに典型的ですが、長く折られたままだった跡は、とても強固でどうしても完全には分からなくできません。
それと同じだろうと思います。

修正後

蒸気アイロンで生地の裏から、そして表からなんどもなんどもシワを消してみました。
しかし、光の当たり加減では、けっこうハッキリ分かります。
強固についてしまった折られた跡は、とても強敵です。

麻ブラウスの染替え依頼です。

染替え前の麻ブラウス

真っ白の麻のブラウスをお持ちのお客様でしたが、どうも真っ白は自分に合わないということで染替えをご希望でした。
希望の色は濃い緑です。

当店は、サイズを測定しておき、染替わって品物がかえってきたとき、サイズのチェックと仕上げを担当します。
染替え作業自体は、市内久松台にある、久松協働センターへお願いしています。

染替えた麻ブラウス

希望の色に染めあがって帰ってきました。
ポリエステルは染替えできませんから、白い部分はポリエステルの部分です。

白いのは糸、特に目立つのはボタンホールですが、良いアクセントになっていると思います。
後はカフスやエリの内側の接着芯も染まってないので、少し白っぽく見えます。

染替えは、染めあがりが思った色でないとか、雰囲気が違うとかあっても、後戻りできない処理です。
その辺のリスクをキチンとご理解いただいてから、お受けしております。

革手袋をキチンとプレスします。

福山で革製品も自店でなるべく処理するよう努めております、クリーニングのキングです。

手の平側が革、手の甲側がニットの手袋をクリーニングできますか?ということで、お預かりいたしました。
色も黒、素材的にも問題なし、というところで、水洗いをしました。
洗って、自然乾燥したままが、向かって右の状態です。

部分革の手袋

これをプレスします。
アイロンを使って、特殊なあて布を使って、プレスします。
すると写真向かって左のようになります。

明らかに違いますよね。
しかし普通にクリーニング店に出されると、通常、革製品は外注となり、大きな革や着物などを全国から集めて処理している業者に託され、返却されてきます。
これが写真向かって右のような状態のままなことがほとんどです。
プレスしてやるだけで、こんなに表情が変わるのです。
キチンとプレスしてやらなくてへ、なりません。

ぬいぐるみもお任せください。

福山でキレイを提供しております、クリーニングのキングです。

お預かりしたぬいぐるみ

お客様のお宅の小さなお子様ご愛用のぬいぐるみです。
私の娘も小さな頃、ある特定のぬいぐるみをスリスリしながらでないとお昼寝できませんでした。
始終スリスリ・スリスリしているものですから、とっても薄汚れておりましたが、なかなか洗わせてくれませんでした。
このぬいぐるみも、恐らくそのようなぬいぐるみです。

ぬいぐるみの毛先が黒ずんでおり、汚れています。

点検したところ、破れや傷みはなさそうなので、キレイにしましょうとお預かりしました。

キレイになったぬいぐるみ

漂白洗いをしてやると、とてもキレイに、そしてフワフワになりました。
これで、また、清潔にスリスリしてもらえます。

次も汚れ過ぎないうちに、お持ちください。

家庭用漂白剤による事故です

福山で一番信頼されるクリーニング店を日々目指しております、クリーニングのキングです。

脱色したTシャツ

家庭で使われる食器用の漂白剤やお風呂やトイレ用の漂白剤が付着したと思われます。

家事をされているときに知らず知らずのうちに付着し、気付いた時には脱色していたという事故です。

原液が飛び散ると簡単に脱色しますが、薄めた液でも時間が経つと脱色していきます。

チョンチョンと小さな点状の脱色であれば目立たなくすることも結構可能ですが、1円玉のような大きさになると、結構手がかかります。
筆で少しづつ色を入れていく部分染色で目立たなくしていきますので、色をきちんと合わせる難しさ、大きな範囲を均一に染色していく難しさがあります。

今回のお客様は、家庭で着ているだけのTシャツなので、脱色はそのまま、クリーニングだけということでお受けしました。

また、もう一つの修正方法として、染め替えがあります。
今より濃い目の同系色にしたり、もっと濃いい別の色にしたりできます。
ただしこちらも、脱色部分にどのように色が乗っていくか?
やってみないと分からない部分もあり、出たとこ勝負になってはしまいます。

生地の折れ目が消えません。

福山で信頼一番のクリーニング店を目指しております、ラバンデリア・キングです。

生地の状態で畳んであった折り目が、洋服にされても残ったままです。
これをアイロンで消してほしいと注文されたのですが、消えません。

蒸気アイロンの蒸気を強く当てても、取れません。
たっぷりと霧を吹いて、電気アイロンでじっくり熱を加えても取れません。

お預かり時

裏地の付いたワンピースですから、水洗い等は想定されていません。
しかし、ここはお客様に了解をいただいて、水に漬けることにしました。
しっかりと水に漬け、生地を膨潤させ、自然乾燥させました。
しかし、やはり変わりません。

生地は畝のある綿です。
綿の折れ目だけでなく、良く見ると少し変色しているのかもしれません。
長期の保存で、しっかりと折り目が付き、なおかつ褪色したのでは?と予想しました。

最終手段として、Yシャツ洗浄と同じように温度を加え、漂白剤をつかいました。
今度こそ目立たなくできるか?と期待しましたが、やはりダメでした。

ここまでということで、返品させていただきました。
お力になれず、残念です。

処理後の状態

息子さんの布バッグです。

福山で日用品から思い入れの一品まで、お手入れしております、クリーニングのキングです。

お預かり時の布バッグ

運動をされる時に持っていった布バッグが汚れてしまいました。
地面に直接置かれたのか、土汚れもありますし、どこかで擦ったのであろう黒い汚れもついています。
自分で洗っても、あまりキレイになりそうにはないのでとご依頼いただきました。

バッグ中央にプリントがありますから、ドライクリーニングは止めておきます。
通常であれば、家庭で行われるような水洗いをしますが、少々汚れていますので、Yシャツのように、少し温度を加え、漂白剤も加えて洗おうと思います。

仕上げて包装した布バッグ

漂白洗いを行うと、一発でとてもキレイになりました。
自然乾燥させ、アイロンで仕上げ、包装して完了です。

白(このバッグはオフホワイトです)は汚れやすく、また、汚れが目立ちますが、漂白洗いが簡単にできますから、キレイにもしやすい色です。
汚れが酷くならないうちに適切なお手入れをするのが、長持ちさせる秘訣です。

ライダースジャケットのお手入れです。

福山での衣類のお困りごと、何でもご相談ください。見積もり無料のクリーニングのキングです。

お預かりした状態

お客様が若かった頃に、中古で買われた革ジャケットだそうです。
またバイクに乗りたくなったとのことで、このジャケットを引っ張り出されたそうです。
体型も変わらず、サイズは大丈夫とのこと、うらやましい限りです。
しかし、ジャケットは色つやも悪く、風合いもゴワゴワです。
あまり傷んだ箇所も見当たらないので、水洗い可能と判断し、お受けすることといたしました。

まずはサイズを測り、傷んだ箇所、ファスナーの具合などをチェックしていきます。
黒の単色の牛革ですから、水洗いをしながら、しっかり栄養素を革に吸収させます。
水洗い後、濡れた革をタンブリング、そして自然乾燥。
乾いたら、少し温度を加えてタンブリング。
これで革が柔らかくなります。

「一度もクリームを塗ったこともない」と言われていたので、全体にクリームを塗布してやりました。
黒色が冴えてきます。
最後にアイロンでプレスをします。
プレスしてやると、革の色に深みがまし、風合いも上がります。
これで完成です。

完成品

お引き取りにお出でになったお客様が、「これが自分の革ジャケットですか?」と驚かれました。
一生懸命クリームを塗りこみ、全体をアイロンで仕上げた甲斐がありました。
喜んでいただけて、何よりです。