夏物によくある色の滲みです。

色の滲んだ夏物

夏物の綿のワンピースです。
脇の部分の色が滲んでいます。

これは汗と擦れの複合作用で色が動いたと思われます。

このように色が動きやすい品物は、夏物ではありますが、水洗いはしにくいです。
水洗いをして、自然乾燥をしている間に、あちこちで色が滲んだとなると大ごとです。

ですから、今回のこの品物も、脇の部分や首回りのみシミ抜きで汗抜きを行いました。
そして、色もシミ抜きしました。
ただし、また着用で色が滲むのは確実ですので、目立たない程度としました。

シミ抜き後

イカ墨が付いたそうです。

釣りに行かれ、釣り上げたイカが墨を吐き、それが付いてしまったそうです。

イカ墨の付いたパンツ

写真中央に薄い黒い墨が横に長く付着しているのが見えるでしょうか?
写真左下の隅には、シミ抜きしようと薬剤を付けたイカ墨が数カ所見えます。

墨は簡単なシミ抜きでは落とせません。
小さな小さな粒子が、繊維の間に入り込んでいますから、これを揉み出してやらなくては取れません。
それを一ヶ所毎にやっていくことになります。

今回の場合地色が白色ではないので、イカ墨を揉み出すと、地色も脱色していくかもしれません。
地色が薄くなってしまうかもしれないこと、完全には落ちない箇所も出てくることがあること、手作業なので案外高額になることを了解いただき、作業に入りました。

シミ抜き後のパンツ

シミ抜きの肝は、完全除去を目指さないことです。
会話する距離で分からないをいつも念頭に置いています。

今回のイカ墨は、思ったよりもずっと目立たなくなりました。
地色が少しだけ薄くなった部分には、色も足しておきました。
これで、次回もこのパンツを気持ちよく履いていただけます。

ペンキは落とせます。

福山でシミ抜きのご相談にものっております、ラバンデリア・キングです。

裾についたペンキ

兵庫県から電話での問い合わせがありました。
お客様の息子さんで、兵庫県で生活されています。
その息子さんの奥様のハーフコートにペンキがつき、それを落とせるのだろうか?というお問い合わせでした。

生地はウール、ペンキを塗装中の場所を通り、気付かずに裾についたということでした。
ウールであれば、恐らく問題なく落とせると思いますよということで、送っていただきました。

ペンキは一ヶ所づつ溶かしてやりながら除去していきますので、箇所が多くても時間がかかりますし、べっとりと沢山の量がついていても時間がかかります。
しかしきちんと溶かして除去していかないと、生地を傷めることになってしまいます。

地道に一ヶ所づつ除去していきました。

ペンキ除去完了

ペンキは除去方法がハッキリしているので、箇所や量が多いと時間はかかりますが、シミ抜き自体は難しくありません。
しかしペンキを溶かす薬剤が強力なため、繊維によっては溶けてしまいますし、物によっては色が抜けてしまいます。

ですから、何についても大丈夫、落とせますとは言えないのです。

カシミヤセーターを復元加工。

福山で衣類のお困りごとを解決しております、クリーニングのキングです。

シミだらけのカシミヤセーター

ベージュ色のカシミヤセーターの首回り、胸、裾にかなり古そうなシミが出来ております。
せっかくのカシミヤなので、何とか着られるようにできないか?とのことです。

しかし、黄変の具合もかなり酷く、簡単にシミ抜きできるようには見えません。
どうしてもかなりカシミヤにとっては過酷な処理を選択せざるおえません。
お客様には、カシミヤの風合いを少々犠牲にせざるおえないことを伝え、それでも必ずしもきれいになるとは限らないし、生地を損ねる恐れもあることを了解いただきました。

処理後のカシミヤセーター

何度ものシミ抜き、そして数度の漂白洗いを経て、やっと上記写真のようにシミは目立たなくできました。
しかしアルカリ寄りの処理をしていますので、カシミヤの風合いはフワフワとはいきません。
風合いとシミの目立たなさとを天秤にかけ、ここに落ち着きました。

これで再度着用いただけることと思います。