袖口に赤インクが付いてしまいました。

袖口に赤インク

お仕事で着られる綿のブラウスの袖口に赤インクが付いてしまいました。
通常、このような綿ブラウスは、Yシャツなどを洗うのと同じように漂白洗いをしてやります。
すると白さが復活します。

しかし、その漂白洗いでもインクは除去できません。
ヘタをすると、インクが広がってしまいますので、インクはシミ抜きで対応します。

キレイになった袖口

先にインクのみ除去しておいてから洗います。
すると上記写真のように、赤インクも落ち、全体もキレイにすることが可能です。

白色で車を掃除してしまいました。

白色の長袖ハイネックシャツ

お客様が、白色の長袖のハイネックシャツを着て、車を掃除されたそうです。
すると気付いた時には、あちこちに点々と黒い汚れが付着していたそうです。
写真では、特に袖にその汚れが顕著です(分かりますか?)。

いつどこから付いたのかは、分かりませんが、シミ抜きした結果から言えるのは、この点々の黒い汚れは、煤煙とかタイヤのカスとか、何かそのような微細な物が繊維の中に入り込んでいたということです。
一ヶ所一ヶ所、黒い汚れを揉み出さなくてはなりませんでした。

シミ抜き後

小さな小さな粒子が繊維の中に入り込んでいるので、物理的に揉み出すしかないのです。
漂白のような化学的な作用では除去できないのです。

時間はかかりましたが、目立たなくできました。
やはり車の掃除は、汚れてもよい格好でお願いします。

商品にシミ発見とのことです。

シミのついた商品

福山のブティックよりの相談品です。
青いシールを貼っていただいている少し上に小さな黄土色の点が見えます。
同じような小さなシミが5カ所あります。
これが販売前に発見されたシミです。

連休前に処理して欲しいとのご要望に応えるべく、早々にシミ抜きをしました。
簡単なシミ抜きでは動かず、漂白処理までする必要がありました。

シミ抜き後の商品

5カ所とも漂白処理を施し、シミ抜き完了です。
これを本日お届けし、ミッション完了です。


少量でもインク取りは大変です。

袖口にインク

ウール&シルクのブラウスの袖口に赤色のインクです。
ごく少量に見えますが、これでなかなかの量を含んでいます。
まずは袖口のインクをタオルに移しとっていきます。
シミ抜き剤をつけ、インクを下に敷いたタオルに移していくのです。

タオルに色が移らなくなるまで延々続けます。
背広の内ポケットでペン一本分のインクが全て出てしまっていたりしたら、タオルが何枚も必要になります。
シッカリタオルに移せるものは移し、最後にもし色が残ったら、色を取るというのが、インク取りなのです。

インク取りした袖口

今回、お客様は何もされていませんでした。
これを洗剤を付けてタオルで拭いたりされていたら、色が拡がり、繊維の中にしみ込み、今回のように完全には落ちなくなってしまいます。
インクが付いたら、何もせずにプロに任せる、これが鉄則です。

お宅の壁を塗り替え中だそうです。

肩口についた塗料

お客様がお住まいのマンションが、ただいま壁の塗り替え中なのだそうです。
ご主人が、塗ったばかりの壁の辺りでよろけてしまい、コートの肩口にべっとりとついてしまいました。
ご丁寧に、マンションのあちこちに、「洋服や洗濯物につくと落ちません、ご注意ください」と表示されているそうです。

こちらはDAKSのコートですから、落ちない??と思われたお客様は慌てて当店に電話をしてこられました。
何事も100%はないので、安易に「落ちますよ」と電話で安請け合いとはいきませんが、早々にお預かりし、処理してみました。

シミ抜き後

思ったより簡単に除去することができました。
こういった、塗料とかペンキとかは、一ヶ所づつ処理していかなくてはいけないので、けっこう手間がかかるのですが、無事シミ抜きを完了しました。

お客様に電話を入れ、無事除去できたことを伝えました。
とても安心しておられました。

カーテンに髪染めだそうです。

髪染めが付いたカーテン

カーテン屋さんからのお問い合わせです。
何でも、お客様のカーテンに髪染めが付いたのだけど、落とせますか?ということです。
髪染めは、安易なお答えができません。

何せ元々が髪を染めるための染料ですから、つけてしまった相手の素材や染色の強度によって、落とせることも、少し残ることもあります。
実際に触ってみないことには、正確な返答はできないのです。

品物をお預かりし、早々に触ってみました。
カーテンがポリエステルで出来ており、またお客様が全く触られておらず、髪染めがしみ込んでいなかったことが幸いし、案外簡単に落とせました。

シミ抜き後のカーテン

思っていたより簡単に、そしてキレイになったので一安心です。

クリーニングもしておいてということですので、この後クリーニングを行います。

夏物によくある色の滲みです。

色の滲んだ夏物

夏物の綿のワンピースです。
脇の部分の色が滲んでいます。

これは汗と擦れの複合作用で色が動いたと思われます。

このように色が動きやすい品物は、夏物ではありますが、水洗いはしにくいです。
水洗いをして、自然乾燥をしている間に、あちこちで色が滲んだとなると大ごとです。

ですから、今回のこの品物も、脇の部分や首回りのみシミ抜きで汗抜きを行いました。
そして、色もシミ抜きしました。
ただし、また着用で色が滲むのは確実ですので、目立たない程度としました。

シミ抜き後

イカ墨が付いたそうです。

釣りに行かれ、釣り上げたイカが墨を吐き、それが付いてしまったそうです。

イカ墨の付いたパンツ

写真中央に薄い黒い墨が横に長く付着しているのが見えるでしょうか?
写真左下の隅には、シミ抜きしようと薬剤を付けたイカ墨が数カ所見えます。

墨は簡単なシミ抜きでは落とせません。
小さな小さな粒子が、繊維の間に入り込んでいますから、これを揉み出してやらなくては取れません。
それを一ヶ所毎にやっていくことになります。

今回の場合地色が白色ではないので、イカ墨を揉み出すと、地色も脱色していくかもしれません。
地色が薄くなってしまうかもしれないこと、完全には落ちない箇所も出てくることがあること、手作業なので案外高額になることを了解いただき、作業に入りました。

シミ抜き後のパンツ

シミ抜きの肝は、完全除去を目指さないことです。
会話する距離で分からないをいつも念頭に置いています。

今回のイカ墨は、思ったよりもずっと目立たなくなりました。
地色が少しだけ薄くなった部分には、色も足しておきました。
これで、次回もこのパンツを気持ちよく履いていただけます。

ペンキは落とせます。

福山でシミ抜きのご相談にものっております、ラバンデリア・キングです。

裾についたペンキ

兵庫県から電話での問い合わせがありました。
お客様の息子さんで、兵庫県で生活されています。
その息子さんの奥様のハーフコートにペンキがつき、それを落とせるのだろうか?というお問い合わせでした。

生地はウール、ペンキを塗装中の場所を通り、気付かずに裾についたということでした。
ウールであれば、恐らく問題なく落とせると思いますよということで、送っていただきました。

ペンキは一ヶ所づつ溶かしてやりながら除去していきますので、箇所が多くても時間がかかりますし、べっとりと沢山の量がついていても時間がかかります。
しかしきちんと溶かして除去していかないと、生地を傷めることになってしまいます。

地道に一ヶ所づつ除去していきました。

ペンキ除去完了

ペンキは除去方法がハッキリしているので、箇所や量が多いと時間はかかりますが、シミ抜き自体は難しくありません。
しかしペンキを溶かす薬剤が強力なため、繊維によっては溶けてしまいますし、物によっては色が抜けてしまいます。

ですから、何についても大丈夫、落とせますとは言えないのです。