シルクブラウスの汗シミです。

シルクブラウス

福山で衣生活のお手伝いをしております、クリーニングのキングです。
シルクブラウスの脇の部分が少し黄ばんでおります。
シルクは、繊維の中でも一番と言っていい繊細な繊維です。
つまり、シミがついたり、汗シミが浮いてきても、あまり強い処理は出来ないということです。
シルク製品は、色が柄が弱い物が多いですし、生地自体も弱いのです。
ですから、綿であれば漂白処理で簡単に済むようなことも、けっこう神経を使うのです。
今回のシルクブラウスも脇にシミがあり、これを除去するのですが、柄から色が出てこないか?あるいは生地が傷んでいないか?注意しながら、シミ抜きをすることになります。