焦げ穴を接着シートで修理しました。

インナーケット

福山でクリーニングだけでなく修理にも取り組んでおります、ラバンデリア・キングです。
インナーケットに焦げ穴を作られ、他店で修理もクリーニングも断られたとのご相談でした。
ケットの側生地が伸び縮みする素材のため、どのような修理方法をとるか悩みましたが、接着シートを使ったリペアを選択しました。
共布がないので、お客様に了解をいただいたうえで、白い布を使いました。
焦げた穴周辺の硬くなった生地を切り取り、大きめに白い布を貼り付けます。
この後、インナーケットを水洗いし、接着修理で剥がれないか?も検証しました。
お客様には、リペアした面を人体に触れない面として使うようアドバイスし、納品いたしました。