汚れかと思いきや、小さな虫食いでした。

セーター

福山で衣類のケアマスターを目指しています、クリーニングのキングです。
セーターの前面につけた覚えのない小さな汚れがあるとのことでした。
シミ抜きをしても動かないので、拡大鏡でシミを観察しました。
するとなんと、汚れではなく小さな虫食いと分かりました。
それもセーターの表面の産毛だけを食べています。
産毛のある所は、白っぽく見えるのですが、産毛を食べられたところは地が直接濃いく見えます。
この手の虫食いの修理も広い意味で「かけつぎ」となります。
しかし通常の糸で生地を再生する「かけつぎ」とは異なり、生地から産毛を引き出してやる「かけつぎ」となります。
この作業は当店で可能ですので、産毛を起こしてやりました。
これで正体不明の汚れがなくなりました。