輪ジミもシミも落とせました。

スラックス

福山で一番の技術力を目指しております、クリーニングのキングです。
お客様がご自身で処理され、輪ジミになったスラックスです。
恐らく油性の汚れを水で処理されたケースだろうと思い、ダブルクリーニングを行いました。
まずはドライクリーニングを行いました。
これで輪ジミの中にあった汚れが目立たなくなっていました。
続いて、水洗いを行いました。
これで完全に輪ジミも汚れも分からなくなりました。
最後にサイズを確認しつつきちんと仕上げて完了です。
今回のお客様の場合、濡れたタオルか何かで処理されたのだと思いますが、その際にゴシゴシ擦られなかったのが良かったです。
濡れタオルで擦ると、大概その部分が白けてしまいますので注意が必要です。