ご自身んで処理され、落ちなかったようです。

スラックス

福山で衣類再生の一翼を担っております、クリーニングのキングです。
ウールのスラックスの両方の太もも部分にシミができています。
なんでも、両方の太もも部分に汚れが付いていたので、濡れたタオルで処理しようとしたら、汚れが取れないで、拭いたあとが輪ジミになったということです。
幸い、強く濡れタオルで擦ったりはされなかったようで、毛羽が立ったり、地色が白けたりはしていません。
元の汚れが落ちていないということは、これは水溶性の水に溶ける汚れではなく、油性の汚れか時間の経過した古いシミのどちらかだと考えられます。
そして輪ジミを作ったのは、間違いなく水ですから、水で濡れたあとが形になったと思えます。
ですから、とりあえずダブルクリーニングで処理してみます。