カピカピの革ジャンバーです。

革じゃんばー

福山で衣類のお困りごとを解決しております、クリーニングのキングです。
古い古い革ジャンバーをお持ちいただきました。
何年も手入れもせず、ほったらかしておられたそうです。
ところがバイクに再度乗るようになり、あの革ジャンバーが着られないかと引っ張りだしたところ、カピカピになっていました。
何らかの処理を施すだけで、革が傷んでしまうかもしれません。
このようなオーソドックスな革ジャンバーであれば、当店で水洗い可能ですので、処理はお受けしましたが、お客様にいくつか了解いただきました。
革にいくつもあるシミは取れない。
処理中に革が傷んで、修復できない可能性がある。
革ジャンバーの部位によって、違いが大きく出てくる。
裏地は裂けるかもしれない。
このような了解をいただいて、作業に入ることとしました。