生地のハリがなくなった?と思われる方


新品の洋服は新品の生地から作られており、新品の生地にはその生地の特製を活かす加工剤や柔軟剤が使われています。
それが、着用や洗濯によって脱落してしまい、新品とは違った風合いになってしまうことがあります。
加工剤も柔軟剤も、メーカーそれぞれのものを使っておりますから、完全に再現することは不可能です。


しかし、表題にもしました、ハリがないと感じられる場合の多くには、ノリが関係しております。
それもYシャツなどのように、ノリがついていると分かるほどのノリではないと思われます。
松田塾では、ウールのジャケットやシルクのブラウスなどに、少しだけハリを持たせるためのノリを開発し使用しております。


まさに、ハリはあるのに、ノリが付いていると感じるほどではない。
しかし、柔軟剤だけとは違ったハリが生地に感じられる。
ほんの少しハリを持たせるだけで、クタクタだった洋服に新品の高級感が戻ってきます。




ハリの問題の全てが、ノリだけで解決できるわけではありません。
生地自体が痩せてしまい、ノリだけでは復元できなかったり、全く別の原因ということも考えられます。
経験と知識を総動員して洋服のために全力を尽くしますが、力が及ばない場合もございます。




はともあれ、洋服にハリがなくなったとお感じの方は、
まずはメールで

お問い合わせ 
(文字をクリックください。問い合わせのメールフォームへ移動します。)


あるいは、「ホームページを見た」と電話で問い合わせてください。

084-951-4547