一般のクリーニングとは?



さん、
クリーニング店でのクリーニングというと、
どんな言葉を思い浮かべられますか?

クリーニングのキング




らに、

こんな言葉を目や耳にされたことがあるかもしれません。




どなど・・・



下、
クリーニング店でどんなクリーニング行われているか、
簡単に説明いたします。




これがドライクリーニングです



ライクリーニングとは、




う言ったものをイメージしていただくとわかりやすいと思います。



般に有機溶剤と呼ばれる、
クリーニング用に石油などから開発された溶剤、
これを使って洗うことがドライクリーニングです。



ライクリーニングのメリットは、

ドライ機




上のようなことから、
スーツ・ジャケット・ブルゾン・ワンピース
そういったほとんどのアウターが
いわゆるドライクリーニングで処理されています。



ライクリーニングのデメリットは、




まり、
汗をかいていたら、
クリーニングしてから仕舞ったのに黄ばんでしまったということもありますし、
カシミヤ・アンゴラ・ウールのような
高級素材のヌメリがなくなり
パサついてもくるのです。




これがランドリーです



ンドリーは、
高温での水洗いで、
その中心は

Yシャツの仕上げ




いった肌に近いところで着用される衣類です。



などの水溶性の汚れは、
水を使って洗うので落とせますが、
できることなら、皮脂などの脂分も
同じ洗濯液の中で落とそうと努力いたします。
すると、高温での洗浄、
さらに漂白剤の併用などが一般的となります。



温での洗浄・漂白剤の使用など、
衣類にとっては過酷な状態での洗濯となり、
洋服に優しい洗濯方法であるとは言えないと思います。




これが 汗抜きクリーニングです



ーツやジャケットなどの、
通常では
ドライクリーニングで処理する品物を、
お客様が
「着用中にたくさん汗をかいた」
などと言われた場合に対応するために行われる方法で、
イメージとしては、
家庭で洗面器やバケツを使って行われる手洗いです。

水洗い不可の表示



と洗剤を使いますので、
汗などの水溶性の汚れは除去されます。



かし、
洗濯表示では「水洗い出来ない」と
表示されている洋服を水に漬けますので、
風合い・仕上がり具合
その他さまざまの問題が起こる可能性があります。




これが ダブルクリーニングです



抜きクリーニングでは
水溶性の汚れは落とせるものの、
今度は油脂などの油性の汚れが残ってしまいます。

ダブルクリーニングしたブレザー



れを解決するために、
最初にドライクリーニングを行い、
次いで汗抜きクリーニングを行うことを
ダブルクリーニングと称しています。



別なシミ抜きを必要とするような汚れ、
あるいは古いシミがついている
といった場合は別として、
油性の汚れも水溶性の汚れも除去できる
まさにすぐれものとして導入・宣伝されています。




これがウェットクリーニングです



ドライクリーニングだけで処理される衣類を、
何らかの必要から、
水に漬けることをウェットクリーニングと称しています。

ウェットしたブラウス



抜きクリーニング
ダブルクリーニング
これらの言葉とほぼ同義語として使われています。



い意味で、「水に漬ける」ということを表現するための名称です。




これが特殊クリーニングです



ても広い意味で使われています。



他店ではやってないだろう」
そういったサービスを提供するときに、
多く使われる言葉かもしれません。




ういった物のお手入れやクリーニングを総称して用いられます。




これがデラックスクリーニングです



れこそ各店様々ですので、
これがデラックスクリーニングだ!
とは説明できません。

デラックス包装



い方をマイルドにしたり、
包装材を高級なものに変更したり、
プレスを丁寧にしたり、
ネットに入れて洗ったり、
これらの組み合わせであったり、
まさにそのお店の方に聞かないとわかりません。



つ確かなことは、
通常料金でお預かりする品物よりも、
より注意を払い、
ひと手間加えることによって、
「高級なクリーニングを施した」
そう感じていただけるようにしているのは間違いありません。




そこで、何が問題でしょうか?



は、
お客様の大切な一着をお手入れする時に、
一般のクリーニングの何が問題となるのでしょうか?




みんな一緒で、みんないい?



れはどんなクリーニングがされるにしろ、
基本的に十把一搦めで処理されていることではないでしょうか。



えば、
千円のYシャツも数万円の有名メーカーのシャツも、
Yシャツということで預けてしまえば、
同じ洗濯機で、同じ高温で、
汚れ具合が酷かろうがどうだろうが、
お客様の思い入れがあろうがなかろうが、
同じように洗われ、
同じように高温のプレス機で
バタンバタンとプレスされます。

ポリウレタンコーティング



値段は安くあがりますが・・・。



ライクリーニングも同じです。



ライ用の洗濯機のプログラムに応じて、
10分とか15分とか、
溶剤の中で洋服は洗われてしまいます。



れこそ汚れていようが、
汚れていまいが。



の洋服に油汚れが付いていようと、
あるいはたくさん汗を吸っていようと、
ドライされる洋服は同じようにドライクリーニングされるのです。




例えるなら、こんな感じです



の話で例えます。



調が悪くてお医者さんに診察してもらいに出かけました。



の病院では、
とりあえず全身麻酔を施し、
開腹して内蔵の具合を診てくれます。



しの体調不良で受診しようが、
重篤な病で受診しようがです。




お客様が選べることが大切です



解しないでいただきたいのですが、
こういった単一の方法で処理されるので、
広く安くクリーニングをお客様に提供することが可能になったのは確かなのです。



ういったクリーニングが必要ないと言っているのではありません。



だし、
そういった一般のクリーニングでは
満足いただけないお客様が存在すること
またその中で処理されると困る衣類が存在すること

これも事実です




汗抜きやウェットにも問題が



抜き・ダブル・ウェットといったクリーニングにも
多くのトラブルの元が潜んでいます。

ウェットの準備をしたダブルの上着



を使って処理をしますから、
風合いが大きく変化する場合があります。



えばカシミヤのコート、
全体を水に漬けるという処理を行うと、
毛並みの乱れたバサバサの状態にも出来上がりますし、
きちんと手間をかけて仕事をすると、
カシミヤ特有のぬめり感たっぷりにも仕上げることが出来ます。



さに業者によりけり、
腕によりけりなのです。




仕上げの問題



に漬けると寸法が変化する場合が多いですし、
形が変化することもあります。

仕上げたダブル



法の変化に対応できるかできないか、
あるいは寸法を変化させないように処理できるかできないか
それも業者によりけりです。



来洋服は、
平面の生地を立体的な人体に合わせるために、
生地をいせ込んだり、
クセを取ったり、
ダーツを用いたりして作ってあります。



に漬けると
いせ込んであったり
クセを取ってあった生地が
元の状態に戻ろうとします。



まり形が変化するのです。



れを本来のシルエットに復元するのには、
正確な知識と確かな技術が必要とされます。




以上のような問題を感じておられるお客様に、一般のクリーニングとは別の手段を提供するのが、クリーニングのキングのメンテナンス?です。